奈良市および大和郡山市 医師会では、株式会社日本エンブレースが提供するMCS(Medical Care Station)を「奈良あんしんネット」として採用しています。

災害時に強い奈良あんしんネット

  • HOME »
  • 災害時に強い奈良あんしんネット

災害時のいつでもどこでも、奈良あんしんネットで繋がれます。

災害時における各々の状況も 短文と写真添付で即時に情報共有!

大阪府北部地震 (2018年6月18日発生 最大震度6弱) テレビ報道では広域情報や被害の大きい場所ばかりだが、MCSで被害の程度・場所についてピンポイントで情報共有され、在宅医療を行ううえで役立った。

台風21号近畿地方 (2018年9月4日直撃) 強風で電柱が倒れ、道路がふさがれて通行できない道路があることが、MSCに添付された写真を見て分かった。また、小さいエリアごとの停電状況や復旧状況が即座に分かった。

※豊中市医師会『虹ねっとcom』参照

災害時でも、MCSのシステムはダウンする事が少なく、重要な連絡手段となり得ます

PAGETOP
Copyright © 奈良あんしんネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.